東京杉並区 コロニアルをガルバへ葺き替え

コロニアルを撤去、ルーフィング、ガルバリウム鋼板の施工

築25年、スレート(コロニアル)材葺きの棟部分が台風で破損、飛ばされた屋根の修理と、再生工事また、ところどころ屋根材も割れて、苔、黒カビで汚れていて、相当傷んでいるので、火災保険も申請をしましたが僅かの保険金しか下りませんでした。再塗装をても寿命は延びないし、築25年は、スレート材のおおよその寿命だったので、ガルバリウムへの葺き替えになりました。工事面積約160㎡。

経験上、築25年でこの劣化は珍しいです。棟の部分の割れ、かけがひどいですし、苔、特にカビにやられています。材料の問題もありますが、ちょっと劣化の速度がここは早いと感じます。

工事前&工事後

コロニアル本体(平部)も相当に傷んでいますが棟部分(写真中央)が上の板金(棟包)が疾風で飛ばされています。これは、板金を止めている木材が、ご覧のように朽ちているためです。

劣化したコロニアル

棟部分では、釘が浮いていて、板金が外れそうです。コロニアル材料もところどころ割れています。リフォームのやり時です施主様の要望により、全体を葺き替えることになったようです。

ルーフィングの施工

仮足場を設置後、ルーフィング(防水シート)を張り終えたところです。(緑のシートです)一番上に施工するガルバリウム鋼板がダンボールに入って荷揚げされています。


緑色のシートが、防水シート、その上から、ガルバリウム鋼板(茶色)を施工していきます。スタートは、軒先から、スターターという軒先専用の部品から始めです雪止めも見えます。


完成写真 完成写真,棟からの写真 完成写真、全体写真

施工費用:コロニアル撤去&ガルバリウム鋼板:160㎡

屋根工事価格:(葺き替え)
1: スレート材撤去費 ¥1,500/㎡ X 160㎡ =¥240,000-
2: スレート材(アスベスト含む)処理費: ¥180,000-
3: コンパネ施工(材工供) 今回はなし
4: 防水シート施工(材工供) ¥500/㎡ X 160㎡ =¥80,000-
5: ガルバリウム鋼板施工費 ¥5,500/㎡ X 160㎡ =¥880,000-
6: その他の部品、役物施工:¥ 186,000 6: 会社経費 一式:¥ 80,000-
7: 税抜き合計:¥1,646,000-




トップページへ



工事種目:



女の子案内
  • ・サイト責任、運営組織:
    Nobil Works, 屋号:屋根工事お助け隊
  • ・代表:小形 秀明
  • ・会社所在地:千葉県船橋市前原東2-9-18
  • ・連絡先電話:0120-58-1152
  • ・FAX: 047-411-4822 (FAX専用)
  • ・メール: ads11860@nifty.com
  • ・取引銀行:りそな銀行、津田沼支店


サイトマップ(詳細板、ナビゲーション)

ページの
先頭へ